トレンドアフィリエイト記事タイトルの付け方のポイントとは?

「記事タイトル」とは検索エンジンで上位表示させるための重要な要素。

トレンドアフィリエイトをやる上で、「記事タイトル」は最も重要と言っても過言ではないです。

はっきり言ってここを間違えてしまうと確実に稼げません。

記事タイトルの付け方次第では、上位表示もされるし、逆に圏外にもなってしまいます。

そんなマジで大切な「記事タイトル」ですが、

初心者は絶対に知らない上位表示させるための重要なポイントがあります。

正しい「記事タイトルの付け方」を実践すれば、ブログを始めた当初から簡単に検索上位に食い込ませることができます。

今回は、トレンドブログ記事のタイトルの付け方のポイントについて紹介していきます。

 

記事タイトルの付け方の重要なポイント

それでは早速、記事タイトルの付け方について解説していきたいと思います。

実際に僕も、トレンドブログを開設してわずか2週間ほどで検索エンジンの1ページ目に記事をランクインさせることに成功しています。

いくつかもポイントさえ押さえれば誰でも簡単に検索上位させる「記事タイトル」を付けられるので是非期待して読んでみてください。

 

ポイント1:タイトルに検索需要のあるキーワードを入れる

タイトルには必ずユーザーが検索しそうなキーワードを1つ以上入れてください。

もし、タイトルに誰も検索しなさそうなキーワードしか含まれていなかった場合、どのキーワードで検索してもあなたの記事は検索エンジンに表示されず、読まれることもありません。

多くのアクセスを集めるためには、できるだけ多くの人が検索しそうなキーワードをタイトルに含める必要があります。

例えば、

今回のこの記事は『トレンドアフィリエイトをやってみたけど記事タイトルの付け方がイマイチわからない!』という方のために作っています。

そうゆう悩みを持ったユーザーは、おそらくですが、

トレンドアフィリエイト 記事タイトル』や

トレンドアフィリエイト 記事タイトル 付け方』で検索すると思います。

 

この記事のタイトルは『トレンドアフィリエイト記事タイトルの付け方のポイントとは?』です。

この記事タイトルでは

  • トレンドアフィリエイト
  • 記事タイトル
  • 付け方
  • ポイント

などがキーワードになってくるかなと思います。

どうですか?

読んで欲しいユーザーが検索しそうなキーワードがタイトルに含まれていますよね。

このようにユーザーが検索しそうなキーワードをタイトル入れることが、多くのアクセスを獲得するにはめちゃくちゃ大切になってきます。

 

詳しいキーワードの選定方法は、

この記事でも解説しているので是非参考にして見てください。

ポイント2:タイトルにむやみやたらにキーワード入れない

ポイント1では、タイトルにキーワード入れることが大切だと解説しましたが、

検索されそうなキーワードだからと言ってむやみやたらに入れていいわけではありません。

どうゆうことかというと、

もしあなたが、沢山の検索されそうだからといって『芸能人 スキャンダル』というキーワードをタイトル入れたとします。

ただこのキーワードはやめたほうがいいです。

確かに芸能人のスキャンダルネタは多くの人が気になってますし、検索数も多いはずです。

しかし、『芸能人 スキャンダル』というキーワードは検索数が多すぎるあまりライバルがめちゃくちゃいます。

おそらくブログが相当強くないと検索上位に食い込ませることはかなり難しいです。

特にトレンドブログを始めたばかりで、コンテンツ量も多くないブログが、誰でも思いつきそうなメジャーなキーワードで、検索上位を狙うのは現実的ではないのです。

なるべくライバルが少なく、かつ検索されそうなキーワードを狙うのがベストです。

具体的はやり方はまた別の機会に解説しますが、しっかりと自分のブログでも検索上位を狙えるキーワードか?を見極めてキーワードを入れることが大切です。

 

ポイント3:優先したいキーワードは左側に寄せる

実は、SEO的に記事タイトルのキーワードは左側の方が優遇されるという法則があります。

左側のキーワードほどSEO効果が高く、逆に左側にあるほど低いなります。

つまり、重要なキーワードほど左側に寄せてタイトルを考える必要があります。

 

例えば、『ベッキー 不倫』というキーワードで狙う記事を書くとするなら、

衝撃スキャンダル発覚!ベッキーがゲス川谷と不倫疑惑か?』というタイトルよりも

ベッキーが不倫疑惑!?ゲス川谷との衝撃スキャンダル発覚!』というタイトル文の方が上位表示させやすいです。

これは単純に『ベッキー』と『不倫』というキーワードが下記のタイトルの方が左側に寄っているからです。

 

ただこれには一つ注意点があります。

ポイント4:日本語として不自然すぎるタイトルを付けない

ポイント3で解説したように、キーワード左側に寄せた方がSEO効果は高いからと言って、

日本語としておかしなタイトルを付けてしまうのはダメです。

 

逆にGoogleから目を付けられてペナルティを受けてしまう可能性があります。

それに変なタイトルの記事は、そもそも読みたいと思いませんよね。

また最近では、キーワードが右側によっているタイトルも上位表示されている記事をよく見かけるので、SEO的にもそこまで大きな効果があるわけではなさそうです。

無理に左側に寄せるぐらいだったら自然な日本語を心がけて、読みたい!とユーザーが思うようなタイトルを付けた方がよっぽどいいです。

 

ポイント5:キーワードは多くても4語までにすること

これもポイント4の延長なのですが、

キーワードを多く含めた方が、検索した時に多くのキーワードで引っかかるといってタイトルにいくつものキーワードを入れるのはやめた方がいいです。

あまりにもキーワードを入れすぎるとタイトルも不自然になりますし、長くなりすぎてしまいます。

それに、どうせ右側によったキーワードはSEO効果も弱いので、それらのキーワードが検索上位される可能性はかなり低いです。

多ければいいというわけでは決してないので、多くても4語ぐらいにしておくのが丁度いいです。

 

もし使いたキーワードが多すぎる場合は、1つの記事に2、3語でとどめておいて、そのキーワード専門で別に記事数を増やした方がいいです。

そっちの方がアクセス数も稼げますし、よっぽど上位表示させやすいです。

 

ポイント6:記事タイトルはできるだけ32文字以内にする

記事タイトルは、GoogleやYahoo!で検索した時に表示される文字数が決まっています。

その文字数が32文字です。

記事タイトルが長すぎてしまうと「…」と勝手に省略されてしまいます。

出来るだけ省略をされないためにも、できるだけ文字数は25文字〜32文字に収めるのが理想的です。

ただ、もちろん理想的な文字数なだけであって絶対ではないです。

実際に僕自身も、どうしても32文字をオーバーしてしまう記事タイトルになることが良くありますし、そのタイトルが上手くまとまっていたらまあいいかなと思っています。

しかし一応、タイトルが32文字で省略されていても、記事の内容がわかるかどうかは確かめます。

しっかりと記事の内容がわかるようになって入れば32文字オーバーでもOKです。

 

まとめ

以上が今回のトレンドアフィリエイトでの記事タイトルの付け方のポイントになります。

今回紹介した6つのポイントさえ押さえて実践すれば、まず間違いなくかなりのアクセスを集めることができます。

もし、万が一全くアクセスが集まらないということがあれば、ポイント2でも説明したようにキーワードの選び方が甘いのかもしれません。

また、記事タイトルはもちろん重要ですが、記事タイトルと記事内容を一致させることも大切です。

せっかく記事タイトルに惹かれてアクセスしたのに、記事タイトルと全く異なった内容の記事が書かれていたら、すぐに記事から離脱しますよね。

この状況はSEO的にもあまり良くなく、閲覧時間が短い記事は検索順位が下がってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと記事タイトルと記事内容を一致させるようにしましょう。